くろまるのBLOG

柔道整復師×スーツアクター×ブロガー×YouTuber?

目線を変える。

 

壁を崩して橋を架ける 結果を出すリーダーがやっているたった1つのこと

壁を崩して橋を架ける 結果を出すリーダーがやっているたった1つのこと

 

 

 

新1分間マネジャー――部下を成長させる3つの秘訣

新1分間マネジャー――部下を成長させる3つの秘訣

 

 

 


こんばんは。

 

昨日、会社の研修にて

 

マネジメントについての勉強をしました。

 

コンサルの方の話では、マネジメントとは

 

①チームを作る

②チーム、部下を通じて物事を達成する

 

ことであり

 

マネジメント=管理

 

ではない。と

 

さらにマネージャーとプレイヤーの違いについてもお話を頂き

 

マネージャーが焦点を当てるべきはプレイヤーであり、プレイヤーが焦点を当てるべきはクライアントである。

 

これはかなり耳が痛かったです。

 

ぼくは常に「患者目線」を意識してきたし、後輩や直属の部下にも耳にタコができるほど言っていました。

 

が。

 

マネージャーにあたる分院長であるぼくが、いつまでも患者目線ではいけなかったのだと気付かされました。

 

今のぼくに必要で、最も足りていないのは、まさに

 

「スタッフ目線」

 

だったんですね。

 

 

また、マネージャーの役割として

 

①先導する。

②応援する。

③進歩を確認する。

 

の3つの事柄があり、自分は、先導することばかりに注力し、応援したり、確認したりといったことをほとんどしてこなかったのだろうと...

 

 

他にも、言葉とイメージの話や、言葉の情報量の少なさなど、勉強になることばかり。

 

 

学ぶ機会を与えてくれた会社、会長に感謝するとともに

 

自分のなかで見えた、やるべきこと、意識すべきこと。

 

徹底して参りたいと思います。

 

では。

 

 

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版