くろまるのBLOG

柔道整復師×スーツアクター×ブロガー×YouTuber?

オススメです。

どうもです

 

オススメです。

 

こちら!

 

 

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 

 

 

キングコング 西野亮廣さんが書かれている

 

革命のファンファーレ

 

かなりザックリですが...

 

今の時代の流れに逆らわず、流れを知り、一人で一つの事をしようとせず、みんなで成功を掴むための

 

新しい生き方が書かれています。

 

ぼくは正直、西野さんのファンでもなければ、ネタもほとんど記憶にありませんが

 

彼の行動力、思考、マルチに活躍するステージ量等、自然に目に留まり、

 

気がつけばFacebookでフォローしていました。

 

 

そしてもう一冊。

 

生き方―人間として一番大切なこと

生き方―人間として一番大切なこと

 

 

稲盛和夫さんの書かれている

 

生き方

 

現在ぼくが所属している会社の会長が

 

希望を与えられた。

助けられた。

 

と、大絶賛する一冊です。

 

 

働く意義。

道徳心の在り方。

生きる意味。

 

深く深く書かれておられます。

 

 

「生き方」を読んでから

「革命のファンファーレ」を読んで頂けると

 

効果絶大かと思います。

 

働く、生きていくために大切なメンタリティを学び

 

今の時代の新しい生き方をフォローしてもらう。

 

 

昨今、日本人は海外の良いところよりも、良くない部分を吸収し、自己中な人が増えてしまったように思います。

 

ぼくは仕事が好きだし、働くことが好きです。

 

それは仕事が楽しいからだし、帰属意識があったり、会社への恩があったり、会長への忠誠心があるから。

 

コレ、すごく大切だと思います。

 

人は一人では生きていけません。

 

仕事において

 

雇う側、雇われる側がいるから会社は成り立ちます。

 

 

YouTuberだって、動画を見てくれる人やチャンネル登録してくれる人がいなければ報酬もらえないですしね。

 

 

今、雇われる側の人間が道徳心を失い

 

何か嫌なことがあったらすぐ辞める。

気に入らないことがあったらすぐ文句を言う。

 

 

 

確かに、個人がコンテンツ化しやすくなり、発信力が高まり、会社に所属すること自体、すでに古いのかもしれません。

 

が、雇ってもらっている。という気持ちがあれば

 

自然と感謝する気持ちが出てくるのでは?と思います。

 

接骨院は、対患者。

 

患者さんから

 

【お金】と【時間】と【ありがとう】

 

を頂いているわけです。

 

そーゆー考え方、心持ちがあれば

 

自然と患者さんにも感謝しますよね。

自分たちがもらっている給料はたしかに会社から頂いてるわけですが、元を辿れば患者さんのお財布から出ているわけで。

 

 

ただ、現代ではインターネットが普及し、国境が無くなり、時間の支配から抜け出し、世界が繋がり。

 

1対1、つまり自分対患者

 

だけの時代ではなくなったのも事実。

 

接骨院での就業時間の隙間時間(もちろん手が空いたらやることを終えた隙間時間)に

 

情報を収集、発信できる時代です。

 

ぼくは副業大賛成なタイプ。

 

やることなくてぼーっとしてるんなら、スマホ弄ってたい人です。

クロバットの練習してたい人です。笑

 

ただ1人では24時間という時間的制約からは逃れられないわけで。

 

そんな時、SNSやオンラインサロンで出会った人と共同で別の仕事を進行させ、隙間時間でチェックをし、昼休みにLINEで会議をする。

 

なんて事が出来るわけで。

 

企業には収入の柱があって、大きな会社であればあるほど、柱の種類や数は多く。

 

 

でも今、コレが個人で出来る時代です。

 

会社員でありYouTuber。

YouTuberでありスタントマン。

スタントマンでありブロガー。

 

みたいな。

 

給料が少ない。なんて嘆くだけでなく、行動している人は行動して収益化しています。

 

行動力と思考量で、いくらでも稼げるし、勉強できるし、成長できる時代。

 

今までの日本の働き方を否定する気は毛頭ありませんが、新しい時代の生き方、働き方を勉強する事も大切なのでは?

 

と思います。

 

マンガで身につく 多動力 (NewsPicks Comic)

マンガで身につく 多動力 (NewsPicks Comic)

 
多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 

そして

 

 

感謝の気持ちを忘れずに、現代の新しい生き方を。